ひびの好奇心ログ

roka-rokaが日々気になったことを記すブログ。毎日ひとつかしこくなる。

「澪つくし料理帖 10巻」/親父泣かせ

 

編集

※このページは、小説や漫画に出てくる料理を再現するページです。

澪つくし料理帖のネタバレが含まれます

 

違う意味で親父が泣く料理になってしまった・・・

 今回も、NHKで放送中のドラマ「澪つくし料理帖」の原作に登場する料理を試作。いきなり飛んで、最終巻に登場する料理「親父泣かせ」です。

 

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)

 

 

 

 「親父泣かせ」は、つるやを去る澪の代わりに、新たなつるやの料理人として働く政吉の考案した料理。口下手で頑固者だけど、料理への情熱やひたむきさは誰にも負けない政吉の無骨な感じが伝わってくる、とっても美味しそうな一品です。そう、小説ではね。

 この料理、巻末のレシピにしっかり分量などが書かれています。材料も。

でも私、この日とっても焦って夕食の支度をしていたんです。あと、レシピうろ覚えで買い物に行ったのです。そうして出来上がった料理は、「親父が(マズすぎて)泣く一品」へとなり果てたのでした…。料理の基本中の基本ではありますが、レシピ通りに作るって、大切なことなんですね。( ;∀;)

 

続きを読む

「デビル」/ジョン・エリック・ドゥードル

自殺した人の意味って…(;´・ω・)

※ネタバレあり

 

評価

★2/5

 

デビル (字幕版)

デビル (字幕版)

 

 

世間ではシャマラン監督の最新作「スプリット」で話題持ちきりの中、あえて私はシャマランさんが原案で関わった『デビル』をレビューします。笑

監督は『REC(アメリカ版)』のジョン・エリック・ドゥードゥル。

「スプリット」も観てきたから、そのうち気が向いたらレビューします。

 

続きを読む

「キッズ・オールライト」/リサ・チョロデンコ

LGBTを考える映画ではなく、実家が恋しくなるホームドラマだ!

★3.5/5

※ネタバレあり 

あらすじ

レズカップルと、その子供たちの家族ドラマ。子供たちの精子提供者に子供達が連絡を取ることから物語が始まる。それが縁で、カップルの片割れが精子提供者と浮気をしてしまい、家庭崩壊の危機‥‥?

 つい先日、70年代のゲイカップルが知的障害を持つ子供を養育する映画『チョコレートドーナツ』を観た。それに引っ張られて、LGBTものを見ようと思い立ち、思い出したのがこちら。

続きを読む

「澪つくし料理帖 2巻」╱ほろにが蕗ごはん

※このページは、小説や漫画に出てくる料理を再現するページです。

 

いよいよ連続ドラマが始まっていますね

NHKにて、「澪つくし料理帖」のドラマが始まっていますね。以前の北川景子バージョンの澪よりも、黒木華バージョンのほうがしっくりくるきがします。(下がり眉的に)

ただ、前のも今回のもなんだけど、小松原様の配役がなっとくいかないんだよなー。

小説の感じだと、もっと年配でくたびれてる人のイメージ。森山未來では、ちょっと若い気がする。

続きを読む

Orinoco Flow/Enya

※あんまりネットに和訳ないなーと思った気になる曲の歌詞を勝手に和訳するページです。

※TOEIC540点(しかも7年前)、留学経験ナシという英語低スペックな者が電子辞書片手にゆるーく訳してます。多分誤訳だらけで参考にはなりませんのであしからず…。

いまごろエンヤ

とってもハードな出張から帰ってきて、心も体も満身創痍な夜があった。

疲れているのになかなか寝付かれなくて、癒し曲を聴きながら寝たい…と思い、

「何とか派とか何とかヘルツがあなたを癒す!」的なあやしいヒーリング曲を聴いたり、複数の坊さんによる読経とかホーミーなんかを謎に巡回したのちに頭に浮かんだのがこの曲だった。

中学生の頃にヒーリングミュージックが流行った時期があって、受験間際でピリつく神経をエンヤで癒したっけ…。なんて、懐かしい思い出の詰まった曲です。

1988年に発表されたアルバム「ウォーターマーク」に挿入されている1曲で、同アルバムは全英1位を獲得したそうな。そんな昔の曲だったんだ。

これ、ハモリもインストゥルメンタルも全部エンヤなんですね。本人も幻想的な美しさを持つ人だし、才能あふれる女性でうらやましい限り。

 

続きを読む

映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」

日本に銃が普及してなくてよかった…

f:id:roka-roka:20170527231023p:plain

 

 

 マイケルムーア監督の「ボウリングフォーコロンバイン」を、今更ながらに観た。あらすじも何も見ずに、コロンバイン銃乱射事件がテーマということ以外なんの予備知識もなく観始めたもんだから、当初はてっきりスクールカーストとかを扱ったものかと思っていた。…ので、どんどん話が銃方面へいくにつれて、「あれ?あれれ?」と事態が呑み込めず。(バカ)

 ムーア監督のドキュメンタリは、これまで「シッコ」くらいしか観たことがなかった。彼の映画は、ともすると暗くなってしまいがちなシビアな題材をユーモアを交えてわかりやすく伝えてくれるのが好きです。順を追って説明してくれる構成なので、題材についてよく知らない人であっても、観進めるうちに理解しやすい。

※話の核心に迫る内容ありです。

 

あらすじ

 1999年4月20日、アメリカ・コロラド州の小さな町リトルトン。2人の少年は朝の6時からボウリングに興じていた。いつもと変わらぬ1日の始まり…のはずが、この後2人の少年は銃を手に彼らの通う学校、コロンバイン高校へと向かった。そして、手にしていた銃を乱射、12人の生徒と1人の教師を射殺し23人を負傷させた後、自殺した。マイケル・ムーアは問う、“なぜアメリカはこんなにも銃犯罪が多いのか”と。その疑問を解消するため、マイケル・ムーアはカメラとマイクを手に様々なところへアポなし突撃取材を始めるのだった。 出典:allchinema ONLINE

 

なぜアメリカでは銃犯罪が多いのか

 あらすじの通り、つかみはコロンバイン高校での銃乱射事件について。だが全体を通してみると、「なぜ世界的に見てもアメリカでは銃犯罪が多いのか?」に迫る内容となっている。
 観る前の先入観としては、銃所持の容易さ、格差社会による貧困、などが銃犯罪が多い要因かと思っていた。しかし、銃犯罪の少ないカナダでも銃は普通に入手できるし、失業率はカナダでも高い(=貧困層もいる)。銃犯罪の代名詞的に扱われることの多い黒人だって、街を見渡せば大勢いる。だが、アメリカよりもカナダの方が圧倒的に銃犯罪の件数は少ない。

 ムーアは、メディアや政治家の発言などにより、アメリカ人は「日頃から恐怖感をあおられて生きている」ことにひとつの原因を見出していた。普段から殺人事件や殺人蜂など恐怖感を増長させるニュースを頻繁に流し、国民に対して「次は自分が被害にあうかもしれない」と不安をたきつける。必要以上に不安に駆られた国民は、自衛のために弾を込めた銃を所持するし、ちょっとしたことで恐怖感を爆発させて発砲してしまう、というわけだ。

 事実、高い銃所持率にも関わらず、カナダ人は恐怖意識が低く、家の鍵をかけないお宅も多いそうな。なんだか、日本の田舎みたいですね。(うちの実家も鍵をかけない文化だった。上京して都会に出てきてもその習慣が抜けず、一度痛い目に合ったことがあります…)

恐怖感を煽るメディアが悪いのか?

 メディアや為政者が恐怖感を煽ることで、民衆が不安に駆られる。でも、メディアだって民間企業であり、数字を稼がなければならない。数字を稼ぐには、のほほん系のニュースよりもセンセーショナルで派手な事件を取り上げたほうが視聴率に繋がる。一概にメディアが悪い、とは言えない、難しい問題ですよね…。

 ふとした疑問なんだけど、殺人系の映画とかニュースには感化されて不安になるけど、災害系のニュースや災害系パニック映画は観ても「自分は大丈夫」とか思っちゃって大して備えないのはなんでなんだろうね。どっちも「死ぬ」ということに関しては一緒だと思うのだけれど…。

 

軍事的な内容とは、分けて構成したほうがわかりやすかったかも

 話の中に、アメリカがこれまでに関わってきた戦争(大量殺戮)についても触れられる。武器による暴力という意味では切っても切り離せない内容だと思うが、今回の主眼はあくまで「一個人に銃を持たせることによる危険性」「その危険性を内包するアメリカ社会」であり、戦争の話まで持ち出されると風呂敷を広げすぎ感というか、私の低スペックな脳みそでは何が言いたいのかわからなくなりかけた。

おまけ

ムーアがインタビューした、恐らく報道関係者の男性、「空手道」と書かれたTシャツを着ていたのが、なんだか笑えた。

 

 

 

ブログの趣旨について

はじめまして、roka-rokaです。

ここでは、私が日々気になった事などをまとめていきます。

主にサブカルチャー系が多くなるかも…

よろしくです。